伊勢神宮石階段工事
HOME > 伊勢神宮 石階段工事

第六十一回、第六十二回式年遷宮 内宮御前石段計画において、

「株式会社ふじしげ」 の材料及び、加工、施工が採用されました。

【協力:(社)日本造園組合連合会群馬県支部】

「式年」とは「定まった年」を意味し、ここでは二十年ごとに定められた年を指します。「遷宮」とは、新しいお宮をお造りして、大御神さまにお遷りいただくことです。
伊勢の神宮には内宮・外宮とも、東と西に同じ広さの敷地があり、二十年ごとに、同じ形式の社殿を新しく造り替えます。さらに、大御神さまがお召しになる御装束神宝も新しく作り替え、神殿にお遷りいただくおまつりが式年遷宮です。神宮には、御正宮のほかに十四の別宮があり、これらのお宮も新しく造り替えられます。

今から約1300年前、天武天皇(673~686)がお定めになり、持統天皇(690~697)の4年(690)に第一回式年遷宮が行われました。以来、長い歴史の中で戦国時代に中断はあったものの、毎回20年ごとに行われ、平成25年には第62回の式年遷宮が古式ゆかしく行われます。

第六十一回神宮式年遷宮

・伊勢神宮(伊勢市)【施工中】
・みかほ石 加工品 天下端機械切りWJ仕上げ
・W600~900×L500~1500×H300内外

・伊勢神宮(伊勢市)【完成】
・みかほ石 加工品 天下端機械切りWJ仕上げ
・W600~900×L500~1500×H300内外


・伊勢神宮(伊勢市)【施工中】
・みかほ石 加工品 天下端機械切りWJ仕上げ
・W600~900×L500~1500×H300内外

・伊勢神宮(伊勢市)【完成】
・みかほ石 加工品 天下端機械切りWJ仕上げ
・W600~900×L500~1500×H300内外
第六十二回神宮式年遷宮

皇大神宮殿敷地板垣南御門石段

第1回製作見本

第六十一回石段よりも石肌に凹凸をつけ自然風な仕上がりになるように神宮営繕部より指示があったので、
厳選された原石の蹴上高に切断し、踏面は野面のままでウォータージェット加工機で仕上げました
凹凸の段差がありすぎる為、再度調整が必要と指示されました






第2回製作見本

原石を踏面、蹴上高に切断し、手加工により踏面に切込加工・ビシャシ加工により凹凸をつけ、
蹴上面はコヤスケハンマーで削ぎ落としウォータージェット機で加工仕上げを行いました
神宮営繕部より今回のご提案内容で施工指示を頂きました






平成21年 皇大神宮殿敷地板垣南御門石段 施工





平成23年 皇大神宮西御敷地御前石段

・石段延長 187m
・石段数 18段(段幅 9m~11m)
・張石数量 50㎡
●石段サイズ H300×W700~900×L1000×2000内外
●石張サイズ φ200~500内外 厚 100~180内外

  『作製工程』

①大型カッター機により原石をH300にスライス加工
②コヤスケハンマーにより手作業で蹴上部を自然風に作製
③ビシャン、カッター機により合端部を直線ではなく、波線になるように作製
④大型カッター機により端部(左・右部)を78°~98°に加工
⑤特殊研磨機により踏面部を荒たたき加工
⑥自社開発の大型ウォータージェットブラスト機により石の表面を自然石の肌に仕上げます

  『石段作製内容』

石段は各段順番に合端を合わせ作製し
裏面に番号を表示して、上記⑤の作業が終了後
仮設置をして、長さ・角度等を再確認して⑥の仕上げ作業を行います
⑥作業後に置場にて確認検査の設置をして仕上り等を最終確認し終了

  『石張作製内容』

上記⑤の作業が終了後に設置された石段の隙間部に型紙に型取りし
張石用の石あて加工して(裏面に番号を表示して)⑥作業で終了


イメージ
イメージ
イメージ

・【施工中】カニクレーンにより施工開始


イメージ
イメージ

・【施工中】18段目から施工


イメージ
イメージ
イメージ

・【施工中】基礎コンクリート接触の為、現物加工


イメージ
イメージ

・【施工中】端部角度延長距離を調整しながら施工


イメージ

・【施工中】コンクリートブロックにより石をかさ上げ


イメージ

・【施工中】モルタル注入の為に基礎コンクリートと石の隙間をモルタルでふさぐ


イメージ
イメージ
イメージ

・【施工中】石段部完了(モルタル注入済)


イメージ

・【施工中】石段部完了 両端部の角度(左側)96°~84°


イメージ

・【施工中】石段部完了 両端部の角度(左側)96°~84°


イメージ

・【施工中】石段部完了 両端部の角度(右側)78°~91°


イメージ
イメージ
イメージ

・【張石部施工中】モルタルを敷き高さ日地幅を調整し、番号順に設置


イメージ
イメージ
イメージ

・【張石部施工中】モルタルを敷き高さ目地幅を調整し、番号順に設置


イメージ
イメージ
イメージ

・【張石部施工中】完了


イメージ
イメージ
イメージ

・【石段石張】洗い出し目地完了


  『完成写真』

イメージ

イメージ

イメージ


平成24年 内宮新御敷地板垣南御門


●石段サイズ  H300×W700~900 L800~1500
●鳥居柱廻り アール加工

  『鳥居下廻り製作中』

イメージ
イメージ
イメージ

・鳥居下廻り製作中(原石)L7000 W700~900 H300


イメージ
イメージ
イメージ

・鳥居右側&左側(原寸法:φ620,製作寸法:φ680)型紙をはめてサイズ確認


  『仮並べ施工(当社置場にて)』

イメージ
イメージ
イメージ

・鳥居下廻り製作完了(WJ仕上済)仮並べ施工(当社置場にて)


  『鳥居下廻り施工中』

イメージ
イメージ


イメージ
イメージ

ページ上部に戻る